【江ノ電踏切】江ノ島駅構内踏切

 
フミキリストの母
アクセスありがとうございます!

江ノ電全踏切紹介チャレンジ続行中です。今回は腰越踏切道を紹介する前に、江ノ島駅改札内にある構内踏切のご紹介とさせていただきます。

構内踏切とは?

江ノ電は単線のため、ほとんどの駅はホームが一面だけとなっています。ただし、江ノ島駅、稲村ヶ崎駅、長谷駅では江ノ電がすれ違うため、ホームが両側にあります。反対側ホームへの移動、または改札へ行くまでの間に「構内踏切」が存在しています。

※鵠沼駅もすれ違いですが、構内踏切はありません。

都市圏にある構内踏切はドンドン姿を消しつつあり、ローカル線ならではの風情を感じる方もいるそうです。

江ノ島駅の構内踏切

 

通常の踏切音に加え、「プルルルル、プルルルル」という音が聞こえますね。歩行者用信号機もついています(青の表示はなく、上下ともに赤のマーク)。

長男はこの構内踏切も大好きで改札に出る前のこの撮影位置から見るのが、お好みのようです。踏切ほどじゃないですが、信号機も好きなので、両方が一度に見れる構内踏切は、彼にとってスペシャルな踏切なのかもしれません。

 

以上が江ノ島駅の構内踏切です。次回こそは腰越踏切道をお届けします。

お読みいただき、ありがとうございました。

〚おすすめ〛デジタルチケット楽券🎫

最新情報をチェックしよう!